畳トランポリン!? 束の修理は鋼製束だYO!!

雑記
trampoline
床の構造と専門用語

どーも、よたろうです。

前回、よたじい(祖父)の所有物件をリフォームするぞ!!

って宣言してしまった件。

むぬぬ…宣言してしまったため、何がなんでもやらなければならなくなりました。

とにかく、出来ることから少しずつ進めていこうと思います。

畳→クッションフロアの前に問題発生。

今回取り組むのが

6畳の畳の部屋をクッションフロアにリフォームしようというもの。

しかし、取り組む前に問題発生です。

↑施工前の写真、いいのがなくて申し訳ないです。

試しにこの畳で思いっきりジャンプします。

せーのっっ

ヒャッホーイ

ボヨヨ〜ん。

ゆれるわ ゆれる。

この床、大丈夫かってくらいはねますw

さすがにトランポリンまでとはいかないものの、

ジャンプして着地すると、若干 家がゆれています。

おそらく根太か大引きに問題があるのでしょう。

クッションフロアどころではなくなりました。

畳撤去→根太→断熱材→合板→クッションフロア!!イエ〜いの計画が、

簡単にはいかないようです。

仕方がないので、畳の下の板をバールで力まかせにとっぱらっていきます。

破壊工作にバールは欠かせません。

楽しくなります。グヒヒ。

ジャン。

床の構造と専門用語

ここまでバラして、畳トランポリンの原因が分かりました。

アップの写真がないのですが、写真に見える4本の束(つか)。

すべて浮いていますΣ(lliд゚ノ)ノンヵ゙ッ!!

大引きを支えている束が浮いていては

この部屋を支えているのは事実上 、

大引きの両端にある土台だけです。

床が抜けなくて良かった….

だれだよ、畳の上で

「トランポリン♪ヾ(o´▽`)ノ゙ギャハハ♪」

とか言って何回もジャンプするやつは…٩(๑òωó๑)۶

地盤沈下が原因なのかよくわからないのですが、対策を考えねばなりません。

そしてこの束、何故か4本とも湿っています。

土間の土も水分があるためか、歩くとクツに土がこびりついてきます。

極めつけは束石、大引き、土にうっすらとみえる

黄色い、白い、カビルンルン♪

y( ꒪◊꒪)y え!?

めっちゃ湿ってるやん…..

もともと水田を埋め立てている場所なので

当たり前といえば当たり前なのかもしれません。

そして、床下の湿気といえばみなさんご存知、シロアリさん

シロアリさんの通り道と言われる「蟻道

もちろんありました。

ありましたが、、、、、、

そっとつぶして、無かったことに。

///(=ω=) サササ。

良し。これでシロアリ対策はできたので、

床下の湿気対策と束の修理をしていきます。今回は束の修理です。

浮いてしまった束の修理

束の修理 準備品

束を修理するにあたって用意したのがこちら

鋼製束

¥400ほど(サイズによって多少変化)

ダイキで購入。

真ん中の棒をグルグル回すと上下に伸び縮みします。

棒の上下に固定用のナットがあるので、これをモンキー等で固定すれば完了です。

コンクリートボンド

¥518+税

コーナンプロで購入。

束石と鋼製束を固定させるために。

コンクリートビスとかあればよかったのでしょうが、妥協です。

束の修理

床の構造と専門用語

①既存の束をバールでひきはがす

②鋼製束を大引きにビスで固定(ビスは鋼製束の付属品)

③鋼製束の長さを調整、モンキーでナットを固定

④束石と鋼製束をコンクリボンドで固定

経過写真がないので結果がこちら💦

↑既存の束を取り外したときに大引きも一部はがれため、位置をずらしてビスで固定。

↑押入れ下に支えがなかったため、新たにコンクリートブロックを購入して、鋼製束で支えてみた。

束修理後の全体写真。

正直、鋼製束の使い方が合っているのかいまいちわからないのですが、

トランポリンしないので これでOKです

(◍ ´꒳` ◍)b

そう、それが D I Y

D・・・だいたい

I・・・いじって

Y・・・やーやーやー

٩( ⺤◊⺤)۶OH!YEAH~

近況

現在は床下の湿気対策も終わり、楽天で買ったクッションフロアが届くのを待っている段階です。

その間に浴室のDIYをチマチマとやっております。

これからも少しずつ頑張りまする。

おすすめ工具

今回のおすすめ工具

バール。

いろんなサイズがあって悩みましたが、

600mmを購入。程よい長さで使いやすかったです。

釘抜はもちろんのこと、

テコの原理でグリグリ作戦、

殴ってよし、引いて良しで使いやすしです。

ストレス発散にぜひ〜⸌̷̻( ᷇ॢ〰ॢ ᷆◍)⸌̷̻♡⃛

コメント

タイトルとURLをコピーしました